東京都専門学校体育連盟

会員名簿

公益社団法人東京都専修学校各種学校協会

東京都専門学校体育連盟

会員名簿には、体育連盟の仕組みや会則が記されています。また、各競技連盟の参加校や担当の先生の名前が載っています。

体育連盟の概要

概 要

名     称 本会は東京都専門学校体育連盟と称します。
目     的 本会は公益社団法人東京都専修学校各種学校協会の定款に定める目的に沿って、学生・生徒の心身の発達向上、学校相互の親睦を図り、各学校の振興と社会的地位の向上に寄与することを目的としています。
運     営 本会の事務局は東京都専修学校各種学校協会内に置かれています。各種の競技大会の実施にあたっては、その下部組織に競技別連盟を持ち、それぞれ自主的に企画・運営されています。(組織図参照)
組織図

公益社団法人 東京都専修学校各種学校協会

東京都専門学校体育連盟

東京都専門学校野球連盟

東京都専門学校サッカー連盟

東京都専門学校バドミントン連盟

東京都専門学校バレーボール連盟

東京都専門学校バスケットボール連盟

東京都専門学校ソフトボール連盟

東京都専門学校ゴルフ連盟

東京都専門学校テニス連盟

東京都専門学校卓球連盟

東京都専門学校陸上競技連盟

東京都専門学校ダンス連盟

東京都専門学校水泳連盟

東京都専門学校スキー連盟

東京都専門学校体育連盟 規約

(名    称)
第1条
本会は東京都専門学校体育連盟という。
(事 務 局)
第2条
本会の事務局は、社団法人東京都専修学校各種学校協会(以下「東専各協」という。)事務局に置く。
(目    的)
第3条
本会は東専各協の定款に定める目的に沿って学生・生徒の強固な心身の発達向上と併せて学校相互の親睦を図り、以って各学校の振興と社会的地位の向上に寄与することを目的とする。
(事    業)
第4条
本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)諸種の競技大会の開催
(2)体育に関する研究調査
(3)その他、目的達成のための必要な事業
(競技別連盟)
第5条
本会は前条(1)の事業を実施するため競技別連盟を以って構成する。 
2. この連盟は自主的責任において競技の企画・経理・運営実施にあたるものとする。
3. 競技別連盟の規約は各連盟において別に定める。本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)諸種の競技大会の開催
(2)体育に関する研究調査
(3)その他、目的達成のための必要な事業
(会    員)
第6条
本会の会員は次のとおりとする。
(1)連盟会員
東専各協会員にして競技別連盟ならびにその参加校とする。
(2)特別会員
本会の目的および事業に賛同し、所定会費を納入したもの。
第7条
本会は前条の目的を達成するために、次の事業を行う。
(1)諸種の競技大会の開催
(2)体育に関する研究調査
(3)その他、目的達成のための必要な事業
第8条
競技別連盟は、その規約・役員名簿および連盟員名簿と会費を添えて、その代表から構成連盟申込書を提出し、理事会の承認を得ることにより構成連盟となることができる。
第9条
会員または連盟が退会しようとするときは、理由を付して退会届を提出しなければならない。
第10条
会員または連盟が次の各号のひとつに該当するときには、会長はこれを除名することができる。
(1)会費を滞納したとき
(2)本会の会員または構成連盟としての義務に違反したとき
(3)本会の名誉を傷つけ、またはこの会の目的に反する行為があったとき
(会    費)
第11条
本会の会費は次のとおりとする。
(1)連盟会員 1連盟年額 登録加盟校数×1,000円(但し男・女別)
(2)特別会員 年額 1口 30,000円以上
第12条
既納の会費は、いかなる理由があっても、これを返還しない。
(役    員)
第13条
本会に次の役員をおく。     
(1)会長1名
(2)副会長 若干名
(3)理事 10名以上25名以内(うち、乗務理事若干名)
(4)監事 2名
第14条
理事は各構成連盟から1名、東専各協から推薦された2名~5名以内とし、定員に満たないときは理事会において選出することができる。但し、特別会員は理事に選出することはできない。
2. 会長・常務理事・監事は理事会において選出する。
3. 副会長は各競技別連盟の会長とする。
(名誉会長・顧問)
第15条
本会に名誉会長および顧問をおくことができる。
2. 名誉会長および顧問は、理事会において選出し会長が推薦する。    
3. 常任相談役は、理事会の承認を得て会長が指名することができる。
(役員の掌務)
第16条
会長は本会を代表しすべての会務を総理する。
2. 副会長は会長を補佐し、会長事故あるとき、または欠けたとき会長があらかじめ指名した順序によりその職務を代行する。
第17条
常務理事は、会長・副会長を補佐し、理事会の決議事項を処理する。
第18条
理事は、理事会を組織し会務を執行する。
第19条
監事は、民法第59条の職務を行う。
(役員の任期)
第20条
本会に次の役員をおく。     
(1)会長1名
(2)副会長 若干名
(3)理事 10名以上25名以内(うち、乗務理事若干名)
(4)監事 2名
(会    議)
第21条
定期理事会は毎年6月に開催し、次の事項を議決する。
(1)事業計画および収支予算
(2) 事業報告および収支決算
(3) その他理事会において必要と認めた事項
第22条
会長は、前条の定期理事会のほかに必要に応じて理事会を招集することができる。
2. 理事現在数の2分の1以上から会議の目的を示して請求があったときは、会長は理事会を招集しなければならない。
3. 理事会の議長は会長とする。
第23条
理事会は理事現在数の3分の2以上出席しなければ決議することはできない。但し、当該議事について書面を以ってあらかじめ意思を表示したものは出席とみなす。
2. 理事会の議事は出席の過半数を以って決定し、可否同数のときは議長の決するところによる。
(資産および会計)
第24条
本会の事業運営は、会費および寄付金その他の収入を以ってあてる。
第25条
本会の基本財産は、基本財産の部に記載する資産で構成する。
第26条
本会の事業運営に要する費用は運用財産を以ってあてる。
第27条
本会の収支決算に余剰金があるときには、理事会の承認を得てその一部または全部を基本財産に編入し、または翌年度に繰り越すものとする。
第28条
本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日に終わる。
(規約の変更ならびに解散)
第29条
この規約変更は、理事会において3分の2以上の決議を得なければならない。
第30条
本会の解散は、理事会において3分の2以上の決議を得なければならない。
2. 本会の解散にともなう残余財産の処理については、理事会の決  
(補    則)
第31条
この規約の施行についての細則は、理事会の承認を経て別に定める。
第32条
この規約は昭和60年7月10日から実施する。       
平成1年6月29日 一部改正      
平成2年6月27日一部改正      
平成5年4月1日一部改正      
平成6年5月11日一部改正

細 則

第1条
会長は競技別構成連盟の代表者会議を招集し、各連盟の意見を徴することができる。
第2条
本会の規約第11条による会費は毎年4月から7月までの間に納入するものとする。
第3条
本規約第4条の事業遂行のため次の委員会をおく。
1.     総務委員会
2.     企画委員会
3.     渉外委員会
4.     広報委員会
第4条
知事賞・知事杯・東京都後援名義等の申請および経過報告等は体育連盟が東専各協事務局と通じて行う。
第55条
本会の事務局職員は、東専各協事務局職員の兼任とする。

東京都専門学校体育連盟海外出張旅費支給要綱

(目    的)
第1条
東京都専門学校体育連盟(以下「体育連盟」という)の役員等の海外出張旅費について、定めることを目的とする。
(対    象)
第2条
支給対象は、体育連盟規約第13条の役員および会長から出張を命じられた者。
(出張命令)
第3条
出張を命じられたときは、出張旅費を支給する。
(旅費の種類)
第4条
旅費の種類は、船賃、鉄道賃、航空賃(空港税・空港保安料等を含む)、日当、宿泊料とする。
2. 当分の間、出張に対して、船賃、航空賃(空港税等を含む)を支給する。
(旅費の精算)
第5条
旅費は、精算払いとする。
(改    廃)
第6条
この要綱は、理事会で承認を得る。
(附    則)
この要綱は、平成15年4月1日から実施する。